「菜の花摘み食べ」はこんな収穫体験です♪

2009.01.14
 「菜の花が、なくなってしまったところに植え替え」↓

苗を作っていた畑を耕そうと思ったら、取り残しの苗が100以上あって、花畑でもだめになってしまった株が

あったので、植え替え。

まずはトグワで穴を軽く掘って・・

 「良く踏み込んで植え付け」↓

おととしから開始したばかりの「菜の花摘み食べ体験」。

初年度は「菜の花」で行いましたが、昨年から「コマツナ」を使っています。

コマツナのほうが、花芽がダンゼン甘いし、青臭いアクが全然ないのです。

花芽も摘んだほうがいいのです。

 「もくもくファームさんのスタッフさんが立ち寄ってくださいました」↓

三重県にある「手作りもくもくファーム」の動物担当のスタッフさんが立ち寄ってくださいました。

真ん中のお兄さんは、数年前に動物を学ぶ実習生としてまかいの牧場へ勉強に来ていました。

なかなか自分の進みたい方向に就ける人は多くありません。それを続けられる人はもっと少ないと思います。

最近近くの商店街でいい言葉が書いてありました。

「心豊かな人は感謝で生きる、心貧しい人は不平で過ごす」

今の現状に感謝しながら生きて行けたらそんな幸せな事はないと・・・♪
※ココからの4枚の写真は昨年の「菜の花摘み食べ」の様子です

 「まず袋イッパイ摘みます」↓

収穫用の袋は、本来大きい袋ではないのですが、繁茂が激しい3月後半などになってきたら

特別に大きい袋で収穫する予定です。

 「ナベでゆでましょう」↓

自分でゆでるのが楽しいですよね。

片手の網でサッとゆでます。短時間がポイント。実際畑でそのままかじってもブロッコリー的なおいしさ。
 
 「とんとん切って」↓

オカカとしょうゆをかけて・・・

 「みんなでおいしっ~♪」↓

収穫して10分で食べられる新鮮さはそりゃあもうサイコーッ♪

シーズン中何度も
お母さん「あら!?うちの子こういうのゼッタイ食べないのに!?なんで食べてんの?」
子供さん「ん。おいしいから。」
ってことがあります。

買ってきたものを食べるだけではワカラナイ、

体験する事で見えてくることはたくさんあると思います~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る