「高嶺ルビー(赤そば)」の種をプランターにまいてみた。

2014.06.05
「高価な種」↓

「高嶺ルビー(赤そば)」の種はすごく高い。花畑にまくことになったので、一部を先行でプランターにまいてみた。

乾燥、雑草防止の黒いビニールを表面に張ってから。

ま、ソバは乾燥には強い方ですけど、雑草取りの手間が減りますから。(畑の土そのまま使ったもんで)
 「種の袋」↓

高嶺ルビーはまとめ買いの大袋ですら1キロ11,000円という超高級な種!(どのぐらいあるかはヒ・ミ・ツ)

育て方の案内をつけて、小袋(200円程)で手に入れられるようにもしようと思っております。(牧場で)

 「エアーフィルター」↓

軽トラックの調子が悪い。エンジンはかかるのに、坂でパワーが落ちる。

エンジンオイルをチェックし、エアーフィルターも掃除してみる。

その後・・・むしろ調子が悪くなった感じすらする。 

( ;°Д°)・・・ドースリャエエネン
 「プロ泣かせ」↓

調子が悪くなるときは一緒。もう一台の軽トラックは完全にエンジンがかからなくなってしまった。

仕方なく業者さんに来ていただき見てもらう。でも、エンジンのプラグ交換で四苦八苦。

「ダイ〇ツのこの古いタイプは整備泣かせで、工具が普通に使えないだよね~(狭くて等)」と。

私が「日本のモノ作り何やってる!って感じですね」と言ったら、    「そうそう」と。
 「知り合いのFBに触発されて」↓

2年ほど前からスタードームを1回作ってみたいな~と思っていました。知り合いのFBで竹ひごで作った

画像がアップされており、それを見ているうちに、試せる素材があることに気が付いた。

最近購入した、フレキシブルな長い棒(畑資材)。

キムラお兄さんが梅の実狩りに行く間、遊具に入るのでその時間で作ってみた。

①18本使う[5本で大きい☆(写真左側)・5本で小さい☆(写真右)・3本で地面の〇・最後に5本差し込む]
 「重ねてみるとこうなる」↓

五角系の中に星形が入る。  コツとしては、初めの大小の☆に使う棒には、中央に印をつけておいた。

それによってバランスがきっちりさせやすかった。
 「最終形態」↓

途中の写真を1枚撮り忘れた。

でもまあ40分ほどでミニスタードーム完成。  初めての体験。いろいろな学びもありました。  

  ※FBでアップしてくださったのOさんに感謝!

(活用方法は・・・アイデア次第。ネタはいろいろ。)
 「ヤギの郵便屋さんの木のハガキ」↓

お誕生日をお祝いする木のはがきを、ヤギさんが運んでくれました♪

 「すぐに対応」↓

朝、入場券売り場で「お金を床の隙間に落とす方が多い」と聞き、営繕のお兄さんに廃材を細く切った物を

40本ほど用意してもらった。

夕方隙間にスポスポ置いて行ってもらい、お客様のご意見に対応完了。

これでお金は下に落ちにくい。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る