さーていよいよ、今日明日はジャガイモニンニク収穫お料理&小麦刈り取り他!

2015.06.13
「皆様をお迎えするために①」↓

さて、この土日はジャガイモ・ニンニクの収穫お料理、10時から!

まずは畑周りの草を刈り、お客様をお迎えする準備を整える。

 「皆さまをお迎えするために②」↓

土曜日は午前中、大塚製薬さんとマックスバリュ東海さんのコラボ企画、「大豆を育てる」もあります。

その受け入れのために、林内に屋根を張り、下に荷物置きを準備。
 「朝は雨が降っていて」↓

夜の間雨がザーザー降り、サツマイモのマルチを新たに張ることもできなかったので、ゆるんだ鍬(クワ)等を

直しまくる。カシの木の木片をとっておいてあるので、それを使って楔(くさび)として使う。

 「天幕(てんまく)」↓

ニシキギの枝先に、ケムシの塊が5つも! (おそらくオビカレハ)

シュシュッと1塊2秒で退治させていただく。  すまない、虫たちよ。野山なら自由にしてくれてよいが、

牧場内でケムシ大発生は困るので・・・。

 「満開」↓

満開。

宇宙へ向けて何か発射しているかのような、迫力を感じる。

 「乳しぼり会場の花」↓

この時期、「この花はなんといいますか?」とよく聞かれる木が満開です。

これはヤマボウシ。

白いのはガクに当たり、花は真ん中の緑の玉の部分に集まっています。

 「ヤマボウシの花」↓

ヤマボウシの花は、真ん中の緑の玉の部分。それが、大仏様の頭の毛(螺髪:らほつ)に似ているというので

山のお坊様の意味から「山法師(ヤマボウシ)」と名付けられました。

夏後半には赤くて甘い、おいしい木の実がたくさんなりますヨ。(ポニーたちも大好き!)

ホワイトリカー(焼酎)に漬けて、果実酒にもなります。

 「アイテテテ」↓

大豆を育てる催しの下見・最終打ち合わせにお見えになり、畑を回る。

途中、コクワガタのメスがえんどう豆の畑にいて、持ったら、ガッチリと挟まれて、困っていた。(笑)

農薬使わないから、畑にはいろんな虫がいます♪
 「霧の中で」↓

新たにマルチを張るスキはなかったが、機械でウネ立てだけ少しする。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る