まかいの牧場の様々な取り組みの1部を紹介

2008.05.22
 「食育講師」↓ カメラ忘れたのでビデオ撮影の画面を写真撮り・・・( ;^^)

午前中は近くの小学校(家庭教育学級)さんから「食育」について講師として呼んで下さいました。

牧場での取り組み紹介から始まって、食の生産現場、添加物、食の理解を深めるゲーム等の

話をさせていただきました。

その中でも力がこもったのは「今の日本の食が将来まで続かない事」。

病気や戦争、テロ等、国情の悪化であっという間に私達は食べ物が無くなる状況だと。

自給率40%を切るのは先進国で日本ぐらいのものですが、それすらも、畜産の飼料を国外に

頼っている状況が十分反映されていないので、本当に食べるものが無くなります。

あっというまに。食物を無駄に棄てている場合ではない点は力がこもりました。

さすが希望して受講されるお母さん方だけあって、熱心に耳を傾けて頂き恐縮でした~。

 「1時間ほど話しました」↓

お話も良い感じでしたが、私にとってさらに良い事が!

6月に「味噌作り教室」を行うという事で、参加のお誘いを頂き、挑戦できる事になりました!

今年は大豆を育てており、11月にはまかいの牧場で「豆腐作り教室」開催に向けて挑戦中。

タイムリーなお話でとてもうれしかったですよー♪

来年は「種まきから豆腐作り」を募集して行いたいと思っておりますが、その先には

「種まきから味噌作り」も良さそうですね!

ついでに富士山の砂防の見学会にも参加しても良いという事になり、6月は良い体験学習の

機会が増えました。教育学級の望月さん達に感謝感謝♪
 「午後はマルチ張り」↓

今日まででやっと10%の植え付け完了と30%のマルチ張り作業。

3日間掛かりっきりでも3分の1しか終わらぬ・・・・今月中に終わらねばならない。

(子供が寝るまで背中に背負って作業の図)
 「まかいの牧場の環境へのとりくみ①」↓

昨年からチームマイナス6%に加盟の申請が通り、様々な活動を行っております。

これは「クーリングタワー」。冷却用の水を使い捨てにせず、循環型にするための冷却機。

ミルク工房で使っており、4月に導入。
 「まかいの牧場の環境へのとりくみ②」↓

こちらはそのクーリングタワーの横にある「雨水活用システム」。

雨をこのタンクに集めて、トイレに使うためのシステム。

雨が楽しみになりましたね~♪
 「まかいの牧場の環境へのとりくみ③」↓

エコキュートにエコアイス。

電気の使用はいかがなものか?という声もありますが、間違いなく言えることは

給湯や空調に関して二酸化炭素の排出量が70%もカットされたのです!

化石燃料を燃やして使うものよりも、エネルギーに対する熱効率が良いという事です。

でもエコキュートって、このファンから冷たい空気が出てくるんですよね。

コージェネレーションの考え方で言えば、その冷たい空気を夏活用できたらいいのになと

思いました。
 「まかいの牧場の環境へのとりくみ④」↓

スタッフは皆、裏が白い紙があったら持って来て、このトレーに入れて使います。

まさに無駄をなくす事は大切なことですよね。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る