みんなでそばを刈り取りました!

2014.10.20
※本日、ハロウィンで気合の仮装をして下さっていた団体様のお写真をトップに掲載する予定でしたが
 送付がうまくいかず、明日の朝に掲載させていただきます。
 メール不具合が解消すれば、早ければ本日中にこのページの最後に掲載できるかもしれませんが。
 (なお、このブログでは表示時に開きやすくするために画素を落としております。info@makaino.comまで
  アドレスをお送りいただければ、画素を落とさない元データをお送りすることもできます【新海宛】)
 「成長を見た」↓

テツマ君、ソバ刈り取りを、マナさんと共にほぼ最後まで頑張った!!

根気よくフォローしていたお父さんお母さんにも頭が下がります( ´∀`)=3 

※最後のご挨拶も今までで1番良かったです! 成長を感じた・・・
 「会長のアツい指導」↓

朝霧高原ソバの会・会長の遠藤さんはソバにかかわって40年以上。自分のお店は息子さんに譲り渡し、

今は「自分を育ててくれた【蕎麦】に恩返しをする」と意気込む。

刈ったソバの縛り方指導にもアツいものを感じます。

 「運ぶ」↓

羊の家で干すので、刈って縛ったものは車に載せる。

通気の良い屋根下なら悪天候でもへっちゃら! 脱穀は11月1・2日開催です!(羊の家で10時から~♪)

 「急に『珍しいものを見せるよー』と遠藤会長」↓

作業の途中、遠藤会長が『珍しいものを見せるよー』と。

皆が集まると、赤いソバを見せてくれた。普通のソバでも、まれに赤っぽいものが現れる。

それを選び出して、見せながら説明してくださったのです。

 「このように赤い」↓

こんな赤いソバを抽出して、赤いもの同士を掛け合わせることを繰り返しながら赤色を固定して、

徐々に品種改良した結果が、あの、赤そば「高嶺ルビーNEO」なのだろう。苦労の結晶なんだ。

※背景の尾木ママのような人は、本文と一切関係がありません。

 「さつまいも畑」↓

横浜のサユル君や地元のリーちゃんたちは、19日に自分の畑を芋ほり。

11月半ばまでは畑に置いておいても大丈夫です~。(それをこえると痛みやすくなります)
 「ニンニク植え付け」↓

ナッちゃんは「ニンニク植え付けからラー油作り」に挑戦!

ニンニク植え付けは10分ちょっとで終わりましたが、来年6月まで長~く育てます。

来週、再来週が今年最後の受け入れ日。やってみたい方はサツマイモ堀の時にお声掛け頂いてもOKです。

いつでも準備できておりますので、どの日でも体験できます。

★「ニンニク植え付けから食べるラー油作り」1区画20株(普通ニンニク18株+ジャンボニンニク2株)5000円
 

 「やったね!」↓

いい顔してるね!   (ちょっとブレてすみません)

日曜日のサツマイモ堀りは約150名ほどの皆様と共に、にぎやかに開催。

(危なく軍手が足りなくなるところだった・・(汗))

 「日曜日のサツマイモ堀り」↓

キッズワークではサツマイモのマルチはがしを。

細いイモやかじられたイモは食材用にかごに入れていただき、活用します。

食べるものを掘る。食育の機会だと思っております。

 「ふかす」↓

週末は、掘りたてをふかしてすぐに食べることもできます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る