ジャガイモ植え付け1日目!

2009.03.22
 「さあ今年最初の植え付けが始まりました!」↓

今年最初の品目は「ジャガイモ」。まず最初の説明をふれあい学習間で受けてから

いざ畑へ!3種類のイモ(きたあかり・ジャガキッズレッド・シャドークイーン)から選んで切る!
 「畝(ウネ)を切ろう」↓

畝を切ると言うのは、植えるための細長いミゾを掘ること。今日は9割の方が昨年の農園経験者だったので

クワの使い方がみなさん上手でした~♪

昨年はわりとお手伝いが気持ちだけ(?)だった子が見事に手伝えていた場面をいくつか見かけました。

成長が感じられて、私もうれしくなっちゃいました♪

 「虫がいるよぅ」↓

指をさしたところにはコモチグモらしい虫が。「ムシー」の声に、コユ君がすごい速さで反応して

見に来てましたね。「昆虫ハカセ」はこうでなくっちゃ!
 「れなちゃんもお手伝い」↓

今日は何度も「カワイイー」という声をもらっていたレナちゃん。去年はお手伝いボチボチでしたが

自分から良く動いてましたねー。笑顔もグッと増えていて、楽しんでいる様子が良く分かりました♪

写真は、ジャガ植えのあと、シイタケ菌打ち体験を行った様子。

 「でーきーたー」↓

1本のほだ木に菌を打ち終わりました。

 「今日のナノハナ摘み食べ体験」↓

今日は昼から急に寒くなりましたね。そんな中、50名を越える方々の参加で、熱くなりました!

事前にこのブログを見て、ナノハナ摘みに参加を心に決めていた方が多かったです。ありがとうございます。

 「茹でよう」↓

ゆで時間は20~30秒。水に10秒ほどさらして切ったら完成!

醤油とオカカが、採り立ての甘さを1番感じられると思います。左のゆみかちゃんは昨年参加して、

青菜が食べられるようになったと、素敵な体験談をいただきました。来場目的の1つはこの摘み食べだったと♪

 「初めて切ったよ」↓

「初めて切ったー」といっていたのは、むつみチャン。

この体験ではよく、青菜を「みじん切り」にする子が見えますが、(むつみチャンは違うよ)それも経験。

この場合はみじん切りよりも少し大きいほうが食べやすい事を、体験を通じて大人の方が「チョットアドバイス」

してあげると、「身になる体験」になりやすいようですね。
 「自分で全部するから味が分かる」↓

おうちでお料理されて出てきたものものを食べるだけではゼッタイに分からない事がたくさんあります。

収穫→料理→食べるまでをすべて自分で体験するとき、発見できる事がイッパイ。

   ※「まきば農園」に参加の場合は、そこに「育てる」がさらに加わります。
 「いつもは食べないのに」↓

あやなちゃんもいつも食べないのに、食べられるようになっちゃった1人♪

収穫体験はなかなか予定通りに開催されず申し訳ないです。なるべく農閑期(畑モノが無い時期)を

短くできるよう、スケジューリングにも改善を加えてゆきたいと思います。
 「密かに開催」↓  ※ここで公開してて「密か」もなにもナイ気が・・・

数組分しかシイタケが出ておらず、「●時からシイタケ収穫開催」と謳うには少すぎる。と思っていたら

よきぶー君たちから「今日できます?」とお声を♪そこでナノハナ摘み食べ後に密かなる開催。

にもかかわらず、すぐ定員イッパイ。シイタケ人気は高いですね~。おいしいし安いし。

 「新レストラン大盛況」↓

パワーアップして、昨日(20日)から始ま
った「農場レストランでいただきます」。

席数が以前の倍にもかかわらず、早々に順番待ちになってました。ありがとうございます!

スタートしてからがまさに出発です。始まったばかりですから、お気づきの点はどんどんお教えください!

もっともっと素敵な牧場・レストランにしてゆきたいと思います!
 ※さて、22日は雨の中ジャガイモ植えになるかな?(多少の雨なら決行!!)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る