スーツで除角(じょかく)

2013.03.01
 「ヤギのキララちゃん」↓

木曜日もスーツ着て営業活動。

島田市たけのこ保育園さんでは、ヤギの「キララちゃん」を飼い始めてもう6年。毎年様子を見させて頂いている。

良く見ると、ツノが曲がって伸びているために、ツノ先が自分の頭蓋骨にめり込みそうだ。

除角(じょかく:角を取り除く作業)が上手くいかなかった時に、よくこうなる。

放っておくと本当に独りアイアンクローがガッチリ決まってしまうので、剪定バサミでツノの先をチョイ

チョイとときどき切るか、ツノを完全に取り去ってしまう必要がある。

そこで、ツノの先をちょびっとだけ削るように切る作業の、見本をお見せすることになった。
 「ありゃ!」↓

キララちゃんは最近、角をゴリゴリしていて、先日大量出血があったとか。

「角の付け根が変な風になっているなぁ」と思ってはいましたが・・・・・

スーツでヤギにまたがり、固定したうえで角をグッと握る。  さ、先っちょだけ切るよ!
っと思ったら、角が「ズボゴッ」と抜けた!!   ちょっぴり流れる血。
 「こんな」↓

あーあ。  角が抜けた・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・結果オーライ。 

これでツノの悩みは解決だ。 あとは膿まないように消毒をすればよし。

こんな風に抜けるとは・・・ ビックリだ。

白内障も出ていたので、飼育についてもうちょっとお話ししました。
 「春爛漫」↓

ナノハナに蜂がとまり、その向こうを園児さん達が楽しそうに駆け回っている。

春だなぁ・・・♪  (まかいの牧場ではウメも咲いていないのですが)
 「ほほう」↓

八木石油では、キチンとマークが「ヤギ」だった。

なんだか納得。
 「この橋の向こうに」↓

歩いて渡る長ーい橋、蓬莱橋の近くを車で通過。

島田市・藤枝市へ行きました。
 「トンネル栽培されていたものは」↓

たくさんの白いビニールの下に育っているのは・・・レタス!

今年は寒波のせいで、野菜が高いですね~。

 「燃え燃えミーティング」↓

ゴールデンウィーク(GW)に向けて準備が進んでおります。

スタッフ4名で作る、「GWアンケートまとめチーム」も遅くまで頑張っておりました。

牧場ではいろんなスタッフが頑張っております♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る