ソバの脱穀+小麦種まきを行いました!(+ニンジン+サツマイモ+シイタケ)

2009.10.26
 「いよいよソバの脱穀です」↓

朝霧高原は寒暖の差が大きく、とても味のいいおいしいソバが育つそうです♪

まずは朝霧高原ソバの会 遠藤会長さんからお話を聞いてから開始!

今年は天候に振り回されて、歩留まり(実のなり具合)が悪いのです。※長野は台風被害がひどいとか。
 「足踏み式脱穀機も活躍」↓

昔ながらの機械で脱穀。資料館などで見たことはあっても、使ったことのある方は多くないでしょう。

使ってみると、いかにすばらしい機械かが実感できます。この実感が大切だと思うのです。

「便利」っていわれても言葉だけでは分からない事って 多いですよね。

 「大きい子や大人はドンドンがんばる」↓

飽きた小さい子は遊んでいますが、危険な行動をしたり作業を止めるようなことをするより助かるという声も・・

初めはものめずらしさでやって見るんですけどね。子供さんの体験はまずそんなところからだと思います。

※最後まで良く頑張っていた子も、もちろんいましたよ。

 「電動式脱穀機」↓

足踏みより早い上に、後処理がラク。 すごくラク。

足踏み式を体験しているだけに、道具の「ありがたみ」がよ~~~~く分かります。

 「唐箕(とうみ)ってこんな器械」↓

創業者のまかいのさんは「トガオリ」って呼んでましたが、この器械は風の力でゴミを飛ばす装置。

風を起こすハネの回転具合と、ソバの実を上から落とす具合がうまくかみ合ってないと、作業やり直し。

簡単なように見えますが、なかなかバランスが難しい。

 「大きなゴミはこのように」↓

フルイのようなアミを通す事で、大きなゴミを取り除きます。

今日はアメが心配だったんです。湿っているだけでこれらの作業が全然進みませんから。

朝から上がっていて本当に助かりました。(コレも湿っているときを経験しているからこそよく分かります)
 
 「茎の束は遊び場だ♪」↓

乾いたワラ束のような、ソバの茎の山。そんな「クッション広場」は子供にかかっちゃ遊び場だ!

「お父さん投げてーっ」と、順番に投げ飛ばしてもらっていました♪

 「今日のニンジンひっこぬきとまるかじり体験」↓

うまいニンジンなのは、生でも火を通しても違いが!  味が違うのは食べて分かる事。

 「みんなでまるかじり♪」↓

いい顔です♪抜いてすぐは皮が無いような感じ。スティックにして食べると、

皮あり部分と無し部分が同じだ。

ちょっとフラッシュ強かったかな・・

 「シイタケ山盛りだ!」↓

今日は今年最高のしいたけ収穫日になりました!それは参加された方が1番良く分かりましたよね!

アレだけ良質でタップリ生える事はなかなか無い♪露地栽培で、気温や湿度に左右されるので

まったく予定通りには生えてはくれませんから。

 「おお!海が見えるぞ!」↓

雲が出ていたわりにはさすが秋。雲が高いようで、地表辺りには雲やカスミが無かった様子。

はるか遠くの駿河湾のむこう、伊豆半島まではっきり見えました。

 「大根抜いちゃった」↓

密か開催のつもりでしたが、お兄ちゃんあんまりい顔だったから載せちゃったよ。

サツマイモ掘りに行く途中大根は採れます。白菜は11月中旬から~。

 「今日のサツマイモ掘り!」↓


これはデッカイ!今日は大きいイモが多かったなあ!

 「4時からは小麦の種まき」↓

来年5月に「刈り取りからうどん作り」の名前で行う小麦づくり!

リョーちゃんたちは種まきから参加できました♪

※31日は大根のお料理をみんなでしましょうね!10時大根畑集合!(まきば農園の方のみです)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る