タンポポの秘密

2008.05.02
タケノコの食べ方は4月22日をご覧ください。

「タンポポの秘密」↓

タンポポの茎を使った笛。

割と簡単にプープーなりますが、いろんな秘密があるのです。

まず作り方は、適当な長さに手で切ったら、片方のフチを軽くつぶしたら

つぶした側をストローのように口にくわえて吹きます。

つぶした部分が弁になって震えるので、コツとしては

つぶした先が口の中で何も触れないように、先を唇で押さえず深めにくわえる事と

空気を思い切り通してみるとうまくいきやすいです。1回できればあとは簡単♪

秘密①<長さで音が変わる>

長いと「ブー」。短いと「ピー」。

共鳴させる管部分が長いと音は低くなります。

学校で使う笛(リコーダー)も、原理は同じなので、指で穴を押さえた場合は

共鳴させる管が長いのと同じことになるので低い音。

一番音が高いのは、頭の部分だけ取り外して吹いたとき。
秘密②<笛を作りやすいのはワタボウシの茎>
 
茎のフチが弁になって震えますので、茎は薄いほうがよく震えます。

花が咲いているしっかりした茎よりも、ヒョロリと伸びたワタボウシの茎の

方が、笛には向いています。(どちらでもできますけれども)

そこにはタンポポの生き残りの確率を上げる作戦があるのです。

花が咲くうちは黄色い色で虫を呼び、虫に花粉を媒介してもらいます。

(セイヨウタンポポは虫がいなくても自家受粉しますが)

種ができてワタ毛ができてきたら、風によって遠くへ運ばれるために

少しでも高い場所から種を飛ばしたいのです。

写真を見ても良く分かるように、花の茎はさほど高くないですが

ワタボウシはグッと伸びています。

それは時間がたってただ伸びただけではなく、タンポポの作戦があったのです。

※昨日個人的な用事で愛知へ戻り、岡崎の宿泊施設で更新しました。
 フリーのネット環境がなく、10分100円のパソコンがありソレを使いました。
 200円使ってぎりぎりで間に合わず、あと30秒の表示が。
 3枚目の100円を入れたら、入らずにカシャンと下から出てくる・・・
 あわてながら4回も繰り返すうち、入らないで時間切れ。
 最後のタンポポの内容が入れられずに終わってしまったのでした。
 「やや。土をかけるときに種ごと吹っ飛んだな。」↓

なぜか遠くから芽が。

育てるか切っちゃうかは、5月24日のトウモロコシ作業のときに・・・

24日10:00のトウモロコシ作業は25日13:00からでもOKとします。

どちらか都合の良いほうを選んでいただくか、参加が難しい様でしたら

私のほうで行っておきます。GW後に℡連絡入れますね~。
 「パンパンと・・」

愛知から帰り、芽を探してビニールを破って出す。

 「5月2日夕方4:00」↓

日曜日(24日)に種を撒いた方のところはほぼ出そろってきています。

5月の3~6日に来場予定の方は、少しでもハヤくくる事をお勧めします。

駐車場をグッと増やしたのですが、昼過ぎには一杯になってとめる場所がなくなる

時間帯が出てしまうので!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る