デジカメは「押すだけ」でないようです。

2009.11.14
 「ポニーのジルさん」↓

長生きのポニー、ジルはもうおばあちゃん。

子供を産んだこともあります。ニンジンの葉を持ってきたらブフーブフーと欲しそうにしていました。

 「ズラリ」↓

畑の看板の看板は年々増えてもう約100本。毎年冬に洗って白く塗りなおしします。

冬季の「雨の日作業」として予定しております。

 「デジカメ、押すだけでなく」↓

カメラが明るい空の方にメインを置いてくれたので、写したい手前は真っ暗に。

 ※この2枚は↑↓同じときに撮りました。

  「同じ瞬間の写真」↓

全然違う時間みたいです。 普段から撮っていて、①1歩前に出る(被写体に近づく)②フラッシュを使う
 
③明るい方を向けてから半押しして、撮りたいほうに向けて撮る  等・・・。

 「花畑」↓

写真右下には紅いコスモスが咲き、左ではヒマワリが伸びてきています。

種から生えてきたようですが、厳しい冬を越えられるのはナノハナ(コマツナですが)と雑草だけでしょう。

※雑草という植物はありませんが!(By昭和天皇)

 「宿泊もできるモンゴル村」↓

本物の「ゲル」に宿泊できるモンゴル村は山の上にあります。

中国では「パオ」と呼ばれ、モンゴルでは「ゲル」と呼ばれます。

※平日で4名様分で10000円、土日祝日前は12000円。モンゴル人のガナさん家族が温かく迎えてくれます♪

 平日でも時々行っている、ひとりで2つの音を出して演奏する「ホーミー」は是非聞いていただきたいですね。

 「カワラタケ」↓

木を分解する菌はいろいろありますが、こんな風に生えてくるのはカワラタケの仲間。

シイタケ菌より強いので、しいたけの木にコレが生えてしまったときは除去しなくては。

木質を分解して生えてくるキノコなどを「木材腐朽菌(もくざいふきゅうきん)」と総称します。

 「これも冬の作業」↓

枝の伸びが分かるよう、あえてソラにあわせて撮りました。 梅園です。

やたら伸びているのは徒長枝。コレを放っておくと来年いろいろダメな事が起こるので剪定の必要があります。

ダメな事→①葉が茂りすぎて病気が発生しやすい②木が大きくなりすぎる③エネルギーが実に行かない 等

 「ハーブ園の美味しい植物」↓

こちらはルバーブ。ジャムやハーブの好きな方なら知っているかもしれません。

甘酸っぱくて美味しいのです。フキのように、葉の茎(「葉柄:ようへい」)部分の皮をむき、中身を

砂糖と一緒に煮てジャムを作ります。

私も以前、河口湖の「自然体験館」さんでジャム作りを体験した事があり、もんのすごく美味しかったです!

(まかいの牧場ハーブ園では体験するほど無いんですよね~)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る