トウモロコシ2期目の種をまき続ける1日

2009.05.15
12日夜に、トウモロコシ・ジャガイモをされている方々に向け、予定を一斉送信いたしました。

参加されている方でブログを見て、届いていない方はinfo@makaino.comまでメルアドをお送りくださいませ。
        ↓↓<1ヶ月のスケジュールなど!>↓↓

5月16・17日は「10:00から畑直接集合」で「ジャガイモ土寄せ」その後「お化けかぼちゃの種まき」
         「13:00ふれあい学習館集合」で「サツマイモ植え付け」その後「かぼちゃ種まき」
5月23・24日は「10:00ふれあい学習館集合」で「サツマイモ植え付け」
         「11:30ふれあい学習館集合」で「ラッカセイ種まき」
         「13:00から、畑直接集合」 で「トウモロコシ土寄せ」その後続けて「ラッカセイ種まき」
5月30・31日は「10:00ふれあい学習館集合」で「ラッカセイ種まき」
         「13:00ふれあい学習館集合」で「小麦刈り取り(育成しだいで日が変わるかも)」
6月  6・7日は「10:00ふれあい学習館集合」で「ラッカセイ種まき」
         「13:00ふれあい学習館集合」で「搾油菜の花刈り取り(育成しだいで日が変わるかも)」
上記の体験を予定しています。いまだにサツマイモとラッカセイのお電話が全員にできておりません・・
スケジュールを見て、くる事ができる日に事前連絡無しで見えても大丈夫です。いきなり見えても大丈夫。
必要物は特にありませんし。
(ただ、到着時間が遅れますと開始も遅れて多くの方に迷惑がかかる場合も・・・よろしくお願い致します)

※①16・17日のお化けかぼちゃ種まき、23・24日のラッカセイ種まきは1日に2回行うという意味です。
※②ジャガイモお世話は16・17日、トウモロコシお世話は23・24日これは他の日に変更ができません。
  理由→ずらすと育成に障害や差が出る恐れがあるからです。

※③トウモロコシのお世話(23・24日)では2株出ているところを1株にしちゃいます。
  引っこ抜いた片方を持って帰って、プランターなどで育てたい方は、入れ物(袋でもOK)をお持ちください。
  土をたくさん持って帰る事はできません。ホームセンターなどで「野菜の土」などをご用意ください。
  移植ゴテや小さいスコップなどがあると作業が楽かも。
 「サツマイモの苗スクスク成長中」↓

サツマイモを浅く埋めておいて、このように芽が出てきたら折り取って地面に刺せばサツマイモが採れる。

昨年はたたみ1枚分ぐらいの広さで約1300本ほど採れました。さて今年はドウだろうか。
 「穴あけ器大活躍」↓

昨年自作して使っていた、煙突を廃物利用して作った穴あけ器は鉄が薄くて先のギザギザが何度も曲がって

直しながら使っていました。でも今年の義父さんの作ってくださったのは強力!直しゼロでバンバン穴が♪

ありがとうございます~。                             ノロケカ?ノロケナノカ?

 「トウモロコシの種こんなん」↓

まかいの牧場のトウモロコシは育成の際、1回も農薬を使わないという暴挙にでました。

ある農家さんには「ムシだらけになるよ」と言われましたが、この2年、農薬を未使用。虫は多少入りましたが

まあ、いけるな!と手ごたえを。毎日の見回りで手でやっつけるのと、冷涼な気候も手伝って今のところイケル。

 「種をまく」↓

この2期目の畑には3800粒まきました。(1株2粒計算)

お盆の前半で採れ始めるはずだが、気候天候しだいで変わるからなあ。農業は毎年同じなんて無い。

 「あまりに乾いているところには水をやる」↓

1日水にふやかして置いた種は約3000粒。あとの800粒ほどは10分水に浸しただけになり、

駐車場だった場所なので、乾きすぎのような感じだった。800粒分に水を上げていたら真っ暗に・・。

 「日中堆肥も畑に運びました」↓

ラッカセイには多少堆肥をいれます。入れすぎると殻ばかりゲンキで中身が小さくなるので要注意。

 「夕方オオサワさんの畑に堆肥デリバリー」↓

富士山の綺麗に見える場所の畑。まかいの牧場から車で5分ですが、富士山の見える角度が違う。

1つ上の写真と比べて分かりますでしょうか。

 「情報企画室さんの掲示板が更新されていた」↓  ※写真をクリックすると読みやすいです

担当の豊田さんや辻さん、頑張るなあ。  ってことでここにも掲載。

 「こんど発売されるDVD」↓

ほほう。ヒツジのDVDだ。

収録されている場所はいろいろあるのですが、1部まかいの牧場で撮影された所も。

(私まだ見てない・・ っす)
 ※5月の土日で作業に見えた日の中で
  ペットボトルで稲作りに挑戦できます!(まきば農園の方限定:作業後に所要15分ぐらいで挑戦)
  「2リットルのペットボトル」と「カッター」をご持参ください!それだけ!(金曜に一斉送信しますね)
   ナノハナや麦の刈りとり日は、どなたでもご参加いただけます。その日なら農園参加の方で無くても
   どなたでも「ペットボトルで稲作り」に挑戦できます。
   
   ただ、ナノハナと麦の刈りとりは天気・気候しだいなので、予定通りの日にはできないかも・・

コメントを残す

ブログ一覧に戻る