今日は「サツマイモ釜ふかし」をご紹介。

2007.09.23
掘ったイモを洗ったあと、切ってから網に入れるの図↓

できた!↓

いい感じなので、入場口に出すでっかい看板にこの写真を

使わせていただこう。(承諾済み♪)

それを海水程度の濃い塩水にボチャンと漬ける↓

5分ほど漬けます。

目的はアクを抜く事と、味をつける事。

開催前日まで、塩をまぶすつもりでしたが、

農場レストランのチーフが1石2鳥のこの方法を提案してくれました。
羽のついた釜、「羽釜(はがま)」で一気にふかす! ↓

ふかす時間は10~15分なのですが、

入れた量が多いと温度が下がるので、5~10分プラスになるようです。

これは実験できなかったので、2日間やってみてやっと分かってきました。

※書き込みにもありましたが、ブヨが出る事もあるので

遊びに見える際には、長ズボンをお勧めしますよ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る