入口のウシベンチにカボチャ登場!

2013.09.28
「枝豆収穫すぐ食べ体験」↓   ※キムラお兄さんレポート

長靴を用意されての参加、やる気がすごく感じられました。

枝豆を茹でたら熱いので、冷めるまではがまんしましたが、とりたての甘さに感動しました♪
 「落花生」↓

とり残した落花生から芽が。

落花生は種。普段食べているだけでは特に考えないことですが、1粒から1株が育つ「種」。

お米だって、枝豆(大豆)だって、「種」だ。
 「カボチャ登場」↓

入口のウシベンチ周りにオバケカボチャ配置。

秋を感じる写真をお撮りいただきたい♪ 大量に採れる、この中にある「種」は・・

傷み始めたカボチャから、順番に取り出す。

来年のGWに配布予定です。(普通に買うと3粒で100円ぐらいする、高級種)
 「ゴロゴロ」↓

ポニーのモモちゃんが砂浴び。

地面を転がることで痒いところを掻いたり、砂で虫を落としたり。  でもあまり見かけない。
 「ドングリ落ち始めてすごい」↓

先日、今年初のドングリキックをしたら、 バラバラッ!とすごい降ってきた。

今が最盛期か。  10月半ばまでで大体落ち切ってしまいそう。

このマテバシイというドングリは、フライパンでちょっと火を通すだけで食べれらます。

その他のドングリは、アク抜きしないと渋くて食べられないのに。

 「陶芸①」↓

陶芸は、作品を作ってから3ヵ月後にお届けできます。すごく時間がかかる。

作品をよく乾かし、素焼きして、裏などを削り(机を傷つけないように)、釉薬をかけ、乾燥させ、

本焼きする。そして1つ1つ梱包して発送。

写真は釉薬に掛ける寸前。

 「陶芸②」↓

トロリとした釉薬を掛けた直後。  釉薬は泥。 鉱物。

釜の高温で溶けて、表面をコーティングしてくれるわけです。

 「あれ?」↓

なぜか仔羊が1頭、外で草を食べていた。  可愛かったので1枚。

 「石」↓

中央の芝生広場で石を見かけた。  昨年までならば、草刈り時に刃を傷めるので普通にどけるだけだった。

でも、この春からは新体験の「彩色富士山~溶岩アートペイント~」を行っているので、

この石を見つけた時「おっ♪こりゃあいい形だ。ものづくり工房に届けよう♪♪」と思えた。

嬉しく思えたことが 嬉しかった。

 「あっぶない」↓

ラッカセイ畑(前半)分の畑は、耕して整地しました。耕している間にきっとたくさんの生き物の命を

奪っている。

この時は整地中に、畑からヨロヨロ逃げ出すヒキガエルが・・・(写真中央の黒い影)

耕作とは、無慈悲な面もある・・・。

※この土日は「ミステリーツアー」開催。
 枚数制限がありますが、入場口で配布しております。(1家族1枚)

※11:30から椎茸もぎ焼き食べ開催。(受付乳しぼり会場前)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る