春の野草(さ、明日からGWが始まる!)

2016.04.28

2016 077姫路城とお堀と桜

兵庫県姫路市の「姫路城」。

白漆喰の美しさから「白鷺城」と呼ばれます。

よく「しらさぎじょう」と呼ばれますが、正しくは「はくろじょう」と読みます。

が、言葉は生き物。皆が使っていれば、そちらが正しくなってゆくものです。

出典は「はくろ」でも、現在は「しらさぎ」と言われることが多いといった感じでしょうか。

2016 111姫路城の秘密の場所から

「これが撮れる場所を知っている人はほとんどいないよ!」と、先日遊びに見えたお客様から提供していただいた2枚の写真。

開花のタイミング、天気、光の具合等、様々な条件が整った瞬間に、その場に居合わせないと撮れない1枚。

さらにシャッタースピードや露光、構図等、配慮する事がいっぱい。

その価値が、カメラマンを燃えさせる原動力の一つだなと、この1枚からも感じます💛

P4272124野草①

「ハルジオン」。少しすると、見た目はほぼ同じような「ヒメジョオン」も咲き始めます。

ハルジオンの見分けは、つぼみが下を向いているものが多い、葉(の付け根部分)が茎を抱いているか抱いていないか。

覚え方は「姫は(高潔なので)抱かない」。

ハルジオンは葉の付け根が、茎を抱いている。

ヒメジョオンは葉の付け根が、茎からピョイと生えている。

P4272123つぼみが下を向いている様子

ハルジオンの特徴です。たくさんのつぼみが、クタンと下を向いています。(写真奥の紫色は「サギゴケ」のお花畑🌸)

P4272125その隣には

紫色の「ムラサキケマン」。キケマン属の紫色のものだから、この名前。

綺麗ですが、プロトピンという毒があり、嘔吐・呼吸麻痺や心臓麻痺などの症状が・・・ Σ(・ω・ノ)ノ!

場内の少し薄暗いところは良く生えています。

※牧場内には毒草も薬になる草も、様々な種類が生えています。自然ってすごいし、それを活用する人間もすごい。

P4272122羊の毛乾燥

羊毛棚。手作り。

羊の毛を刈り取りから、製品にするまでを全て1つの施設で行っている牧場は、日本では多くありません。

手がかかっています。

P4272126塗り直してみる

GWに向け、椅子を塗り直してみる。。

IMG_2733差がすごい

左がヤヴァイほど色あせた椅子。

右が深緑色のスプレー使用後。ピッカピカとはいかないが、ずいぶんマシにはなったかな。

IMG_2735こっちはボチボチ

白はまあまあの改善ぶりかな・・。これ以上はあんまり変わらないや。

 

さ、明日からは朝8時に牧場が開場します!!

いよいよゴールデンウィークが始まります!!!

いつも以上に催しが強化され、皆様のお越しをお待ちしております!!!!

 

Comments

  • ひらきよ より:

    黄金週間のスケジュールを拝見しましたが、この期間の収穫体験はどんなものがあるのでしょうか?
    トラクターとの綱引きは子供より大人が熱くなるイベントですし、新しい足湯も試してみたいのでタオルを持参しようと思います。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る