昨日の大風でダメージを受けたトウモロコシが!

2008.05.15
 「昨日掘ったタケノコがどうなったのか」↓

これだけ昨日の写真です。

掘ったタケノコはレストランに行き、アク抜きの下ごしらえを夕方してくれました。
 「今朝見に行ったら」↓

アクをぬいて、いよいよ料理にされるところでした。

あのタケノコからこれだけ食べる部分がとれるのが良くわかるかと思います。

・・・・・・・・でっかいほうが食べる所が多いな・・・・・

よくタケノコは小さいほうが良いと言われますが、でっかくても硬くないしアクは抜けるし

食べがいがあるようだが・・・・・・・。

 「そして昼ごろのレストランにて」↓

さすが!人気の農場レストランを盛り立て来た佐野チーフ。

マリネにするとは。

彩りの上で「緑がほしい」と考えて使ったのがブロッコリー。

(入り口の毎日更新の黒板「今日の独り言」に書いてあった♪)

基本は「家庭では出来ないものを提供するのがレストランの役目」という考え方。

毎朝農家さんを回って、その日に手に入った新鮮野菜を見てから「さて今日何作ろうか?」。

そこが人気の秘密と、努力のポイントなのだな。

 「おいおい寒すぎる・・」↓

全体的に育ちが遅かったり悪かったり・・・

息が白くなる日が多すぎる! 寒すぎですよ。( ´д`)=3 ハアーッ
 「トウモロコシが!」↓

今日は午前中雨。午後は短時間ですが太陽が「カーッ」と照ったりもしました。

危ない危ない。写真の所は枯れる所でした!

マルチが昨日の大風で片側外れて、ビニールが持ち上がり、穴からいったん抜けて

再びビニールがトウモロコシに乗っかったのです。

写真の状態のまま太陽が照り付けると、ビニールが乗っかったところは煮えてしまい

(強い日差しではビニール面はさわってられないほど熱くなる)苗がだめになるところでした。

それに風でバサバサすればビニールがバシバシ当たってソレもダメージに。

 「日が照る前に元通りに出来ました」 ( ;^0^)=3 ホッ

葉を出してビニールを埋めなおしてOK。

 「マルチ掛けが甘いとこんな風に」↓

昨年は全ての参加の方にマルチングを掛けるのをしていただきました。

どうしてもポイントを伝えきれず、去年は半分以上の場所で同様の状態になって大変でした。

完全にはがれてしまうと、穴と苗の位置をあわせるのが至難の業。

でも何とか皆さんにマルチングを掛けるのも体験していただきたいと思うのですが

良い方法が浮かばない・・・
 「その横では」↓

日が照ってきて、土からホカホカと湯気が。

持ち上がったマルチを直すのが間に合ってよかった・・・・
 「午後は1日中牧場奥の慰霊碑前に種まきでした」↓

マルチに穴を開けるのに、鉄くず置き場に捨ててあったストーブの煙突を

杖のようにして、立ったまま穴をプスプスあけられるようにしました。

役に立つ!

 「夕方30分ほど手伝ってもらちゃった」↓

モンゴル村のガナ(モンゴル人のお父さん)がトウモロコシの植え方を教えてほしい

という事で、30株ほど一緒に植え付けしました。

時間が押していたのでそのあと種を埋め込む作業を少し手伝ってもらっちゃいました。

おかげで目標どおり種まきを終える事が出来ました♪ありがとうございます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る