最近、「ブタがいた教室」観ました。オススメです。

2010.02.17
 「ベンチ大量組み立て中」↓

アンケートの「場内にもっとベンチがあったらいい」にお応えして馬飼野社長英断!

春に向け、より快適な施設になるべく、きれいなベンチ大量準備中!

 「冬の畑」↓

ソラマメニンニクは害獣の被害を受けている様子はありません。

シカって木の皮ですら食べたりするから、これからも良く注意しなければ。こういうものも食べるのかな?

 「挨拶とじゃんけんのゲーム」↓

「ぼくじょうでこんにちわ」が今月末で終了します。お客様同士でじゃんけんをして、5色のカードを集めるゲーム。

知らない人に声をかけて仲良くなれるお手伝いをする、積極性を育てる目的の催し。

今年は特にアンケートで喜びの声を多く頂いております。   ありがたいですねー。
 「段差直し」↓

マサキ君のお母さんから教えていただいた問題点がまたひとつ解決しようとしています♪

食の体験工房前のテラスは、下から入るには車椅子でも入れるスロープがったあったのに出口がない。

ご意見をいただけるまで気づくことが出来ていませんでした。

「相手の立場に立つ」というのは、出来ているようで全然出来ないものですね!
 「アラ」↓

道端のナノハナがむしられまくっています。

犯人はヒヨドリ。ヒヨドリは緑が減る時期になると特に、畑の白菜等をむしって食べます。

 「皮」↓

皮シマお兄さんが、馬に乗って頑張ったのでお尻の皮が破れたと。  マジ。

頑張っているなあ。    若いスノーチャペル(馬)には頑張ってもらいたいものね。   
 「食育」↓

最近、「ブタがいた教室」というDVDを観ました。(以前から観たかった)

6年生がブタを1年間学校で飼育して、最後に「食べる」。という計画で進んだ、実際に行った話。

答えありきではなく、「さいごどうするか」を「こうするべきだよ」とは一切言わずに進みます。

後半のみんなで真剣に議論するシーンは、台本が真っ白でなかったそうです。

子供たちが自身で考え、真剣に悩んだ言葉。想い。  

これは一見の価値があると感じました。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る