浅間(せんげん)大社にお参りから。

2014.01.09
 「朝、神社に到着」↓

まかいの牧場のお参りです。 皆で参拝。

※浅間大社、愛知から来た私には最初の頃どうしても「あさま大社」と読めてしまって仕方なかった。
 「大石寺(たいせきじ)」も「おおいしでら」と読めてしまって仕方なかった。
 どーでもいい話ですが。

 「皆で参拝」↓

このお正月、浅間大社が夜閉まるものだと初めて知りました。

人から聞いたところでは、東日本は閉めるお寺が多く、西日本の方が開けているお寺が多いとも。

なるほど、愛知ではしまるところ知らないなと思いました。(夜の神社巡りなんてしてないですけど)
※浅間大社さんでは元日遅くまで開いていて、2・3日は夜8時で閉まると(身を持って)知りました。(汗)

 「巨大鏡餅の中身」↓

トラクターの大きなタイヤ+落ち葉を入れている袋(通称:トン袋)。

これに牧草用の白いラッピングをして土台としました。

 「枝を切って」↓

どんどの材料集め+かぶった枝の撤去 をかねた作業。

 「竹の束を綺麗に処理する」↓

どんどの厄除け団子は、本来ミズキの枝を使うものですが、毎年300本を場内で準備するなんて絶対に無理。

そこで、近くの知り合いの山で竹を採ってきて使います。

切って、枝を払い、長さをそろえ、先をとがらせ、しっかりふきあげてから、上新粉(うるち米の粉)で作った

団子を蒸してから、冷まして、刺して、ホイルをかけたら出来上がり。
 「ロストル設置」↓

焼却炉の下の、橋の様なコンクリっぽい棒を設置。1本25000円以上する。

焼却炉の部品は高価なものが多い。  だからストックは置かない。  必要になったら注文する。

 「いろんなお仕事」↓

夜はPOPをつくったりも。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る