畑のスミで見つけた茶色いカタマリは・・・(;´へ`)

2011.11.01
 「先日の台風15号の片づけがまだ・・・・」↓

台風15号で場内の木が20本近く、倒れたり折れたりした。

やっとその片づけが終わろうかというところ。スギ・ヒノキ等は4メーターの長さに切って

製材屋さんに運ぶ。後日、木材がほしいときに希望通りの太さや幅にしてもらうためだ。

牧場にムダなものなんて無い。

 「倒れた木の根」↓

シイタケ林内のヒノキ。大人より大きいぐらいの木の根がガバッと倒れている。

木の高さの割には根が深くいかず、横に少し広がる程度なのでほかの広葉樹より倒れやすい傾向が。

ここでは林の中の1本だけ倒れたのはなんでだろうか・・。

 「紅葉」↓

今、富士吉田市からまかいの牧場に来る途中の紅葉が1番の見ごろだと、遊具のヤマグチさんが言ってた。

紅葉は夜と昼の温度差が大きいほど美しくハッキリあらわれやすい。

イチョウなどが黄色くなるしくみと、モミジが紅くなるしくみは全然違います。

色素が たまって紅葉するものと、もともとの色が出てくるもの等。
 「畑のスミで」↓   ※苦手な方スミマセン

?何か茶色い塊・・・。  土かと思ったら、毛虫のカタマリだった・・・・

種類と理由不明。  知りたい。    ってことで 調べ中~。
 「ウロ」↓

ウロというのは「洞」と書く。木に空いた穴。 数年前にはここでコムクドリという数の多くない鳥が

営巣していた。 今は指がやっと入るかどうかというぐらいの穴に。

樹は自身の穴をふさいだり、傷を覆うように成長しながら補修する。(樹種にもよりますが)
 「切った枝も」↓

光の具合で見にくいですが、5年前に枝を切った切り口がふさがってきています。

桜は切ると、切り口から病気などが入りやすいこともあって余りきらないほうがよいのですが

場内の整備の上ではそうも言ってられない場合もある。 そんな時は切り口に何か塗布したほうが良い。
 「定休日予定」↓

最初は11月30日・12月1日の連休から開始。1週間ごとに、1日休み・2日休みが繰り返されます。

年末は3日間だけ休みです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る