目の前で出産が!

2017.02.06

P2055829

「日曜日の雨の中で・・・」

小雨降る14時すぎ。

産まれる兆候がでました!と連絡が入り、場内放送でも流れる。

 

 

 

 

P2055828

「おお、見えてきた!」

今年2頭目の赤ちゃん、前脚の先がチラリと見えて来た。

しかし、ここからがなかなか進まない。

お母さんは、苦しそう&ソワソワとあちらで立ったりこちらで座ったりを繰り返し続ける。

 

P2055834

「ぬ゙ー」

お母さんは出産2回目の「クララ」。

※「立つのよ!」

切なそうな顔でこちらを見たりもするが、もう少し子供の足が出てこないと手伝いにくい。そんな時間が30分ほど続き・・・

 

 

P2055831

「とうとう」

足先が出たり入ったりが30分を超え、これは引き出した方が良いかもしれないと判断。

私がクララを立たせて支え、ハタノお姉さんが子羊の前肢を指先でつかんで「いきみ」に合わせて引く!

 

 

P2055836

「産まれた!」

立った状態のクララから、少し下向きに引き出しながら前脚・鼻先・おでこと出てくる。

正常分娩でよかった・・・

向きが逆の逆子(さかご)だったり、1頭と思ったら双子だったり、様々な予想外の事が起きるのが出産。

でも今回は(介助はしましたが)スムーズにいって良かった・・・💛

今年は50頭近い子ヤギや子羊が誕生します。すべてが正常に問題なく生まれることはないでしょう。助けられる命は助けたい。そんな思いで動物スタッフは夜12時頃毎日交代で見回りを続けています。

 

 

 

P2055838

「おお」

産まれて20分ぐらいで立ち上がり、お母さんのおっぱいを探し始めた。

「お、すった!」

産まれてから最初の関門は「お母さんがサッと面倒を見られるかどうか」。

ほかにも「乳が(必要量、)正常に出るかどうか」「後産は出たか」等、注意する点はたくさん。

※昨日は、浜松から見えた家族さんが最初から最後まで全てを見ることができました。今年は数が多いので、チャンスが多い!(昨年の3倍以上)

 

 

P2070824

「昨年の写真」

昨年2月。「羊の家でもうすぐ産まれそうです!」という放送後に100名近い方々が見守る中で出産があった時の1枚。

ラッキ―が起こるかどうかは、母羊さん・母ヤギさんしだい・・・・

油断のならない時期がやってまいりました💛

 

 

 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る