秋も深まって参りました。

2008.11.18
 「なんだこりゃ」↓

モンゴル村上のダイコン畑が終了。最後の数本を抜いていたら・・・

なんだかよく茂った、明らかにダイコンでは無いものが。

 「抜いてみた」↓

???。やっぱりわからない。

かぶ?成長の変なダイコン?でも花芽がついていて、それはカブでもダイコンでもない・・。

数本現れた赤いダイコンといい、「菜の花っぽい花」の咲くものは、遺伝子が混ざりやすいようですね。

花粉で。

 「この畑の最後のダイコンはレストランに」↓

大きいの5本はレストラン。小さい数本は例の「しょうゆ:酢:砂糖=3:3:2」に漬けよう。

旨いもんな。

 「秋らしい・・・」↓

ソヨと風が吹いたら、落ち葉のシャワー♪

ついシャッターを。

 「今日のダイコンひっこぬき1発目」↓

 「来年はウシ年ですから!」↓

いまは毎日10:45ぐらいからウシと一緒の撮影会をしております。

11:30の乳搾り前に必ずだしてきれいにしてあげるので、そのときにお姉さんがシャッターを

押して撮ってくれます。

(その写真はないのですが、この看板は乳搾り最中にここから「撮れますよ」という看板)

 「こんなふうに」↓

カワイイモデルさんがいい感じだったのでお父さんも入れて パチリ。

 「私がいれば撮りますよ」↓

11:30には毎日ダイコンハクサイ収穫出発案内で、私がそこにいますから、撮りますよ~。

乳搾りが終ったところなら、お姉さんも撮ってくれますしね♪

 「入場口も秋の彩り」↓

もう1つオススメはもちろん「モーモーベンチ」。

バックのイチョウがキレイです。
 「ソバだった畑を耕す」↓

午後のメインはこの作業。

雑草が種を落とす前にすきこんでしまわねばなりません。

ここは土を入れて、隣も開墾して広げている最中!

来年も種まきからトウモロコシの農園はココになるでしょう。限定50組でもすぐイッパイになって

しまったので、コレなら上限を80組にできるかな?(それでも先着順で早期定員になるでしょう)

正式募集は3月中旬から~。種まき4月後半。(ジャガイモの申し込み受付は2月中旬から開始)
 「今日のダイコンひっこ抜き収穫(2発目)」↓

畑が遠くて申し訳ないです。

でもすぐ横の黒い山にはカブトムシの幼虫がいるようですから、見つけた方は持ってかえって育てても

よいですよ~。野生のカブトが卵を産み付けるので!
 ※すみません、コメントのお返事が10件ほどまだで申し訳ないっス!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る