羊飼いなりきりツアー特集!

2008.08.30
この夏の新企画「ヒツジ飼いなりきりツアー」に密着!
 
 「始まりはヒツジの家から」↓

まずは羊飼いの帽子などを装備

まかいの牧場のヒツジの毛で作った手作りです。

スタートは説明の他、エサを持ってヒツジの部屋に入り、ヒツジと仲良くなることから始めます。

 「羊飼いならヒツジを追わなきゃ」↓

ヒツジの特性を知るためにも、群れを動かしてみる。

きいただけでは分からなくても、実際に追ってみると良く分かる!

1頭では不安になってしまうヒツジ。群れで追うことが自在に操る第1歩。

 「ヒツジ追いの棒も巧みに使う」↓

目標の小さな柵内にヒツジを追い込むのが、あと少し!

ヒツジの毛がついた、羊飼いの棒。羊飼いならコレがなくては。

ただの飾りではなく、ヒツジの足に引っ掛けたりして目的の固体を捕まえたりするのにも役に立ちます。

羊飼いの杖は、「この棒で遊んだことがゴルフの起源である」という説があります。
 「ヤッタね♪」↓

ヒツジは毎日広い放牧場へ出してあげます。

運動の為と、草を食べる食事の為。

そのヒツジを出す作業を実際に体験するのはまさに羊飼い。

このツアーは夏休み限定の予定でしたが、人気の為今後も継続することを検討中~♪

 「さらにヒツジを連れてウール工房へGO!」↓

まだまだ続きます。

ヒツジを散歩させるような感じで、ウール工房へ移動。

まかいの牧場は全国でも数少ない、ヒツジの毛を生産から製品までを1つの施設で一貫して行っている施設。

これはぜひ体験しておかなくては・・・!
 「ウール工房ではヒツジの毛の特性の説明や、実際に自分で作って見たりします」↓

化学繊維とは違う、保湿性、通気性、保温性はやはり天然素材だからこそ♪

ここで作るのはカワイイヒツジ人形。

 「さ、みんなで作りましょう」↓

ヒツジのことが良く分かったツアーの締めくくりは、お土産になるヒツジの人形を自分で作ります。

夏休み中は毎日11時から約1時間ほどの内容で開催中。

もう夏休みもおわりですね~。

 「今日はひさしぶりに私が牛乳ができるまでツアー」↓

もう開催数1100回を越え、2万人以上が参加してくださっています。

牛乳ができるまでを知りながら「食のこと」、「いただきますのこと」を知っていただきたくて

ツアー内容も改善を重ねながらここまでやってこられました。ありがとうございます。
 「バスに乗って、第2生産農場に到着」↓

静かな場所でよい乳を搾るためもあり、第2生産農場はまかいの牧場から車で15分ほどの所にあります。

ついて、農場の1日を紹介しているシーン。

昨年夏休みには「はなまるマーケットさん」でも紹介放送され、以前には三宅裕司さんの番組でも特集。

このツアーだけの30分番組も作られて、すでに放送されました。

何よりも「食づくりの心意気」に触れていただくために今後も開催してまいります。(毎週週末祝日開催)

参加整理券は13:30の牛の乳搾り直前に配布いたします~。
 「ツアー中ですが」↓

けんしん君(手前のおにいちゃん)からステキな事を教わりました。

エノコログサ(猫じゃらしなどと呼ばれます)の穂を2つに裂くと、「ペタペタくっついてヒゲになる!」

というもの。・・・・・・・・・ほんとだ!すごーい知らなかった!

おばちゃんから教わったそうです♪

さすがおばあちゃんだ。
 「牛乳試飲・・・・!?」↓

良く見たら上のヒツジのツアーにもご参加いただいていた家族さん。

牛乳試飲タイムで・・?おお?でっかい!

ビンで一気飲みするほど気に入ってくださって・・・♪ ありがとうございます。
 「やはりあれはニヤニヤで正解だったか・・・・(ニヤリ)」↓

ここ数日レストランのことがアップされておりますが、昨日の肉を抱えた様子を「ニヤニヤ」と

表現しましたが、本人(佐野チーフ)も自分でいってら♪

嬉しさが伝わってきますね。最後の1行が特にイイ。

幸せは人に伝わったほうが大きくなりますよね~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る