こんなに重い雪は、この10年なかった・・・・!(会長談)

2011.02.16
 「朝・・・」↓

ナンダコリャ。 また雪・・・。それもこんどは10~15センチの深さに積もっているから雪かき必要。

フー ( ;゜з゜)=3     っと思ったら、雪かきだけじゃなかった。  場内が・・・
 「ここ・・・どこ?」↓

乳搾り会場から上を見た風景。    ここは・・・どこ? って感じ。

降った雪が重すぎて、枝がものすごく下がっている。

この後、写真奥にちょっと進んで、左を向いたら・・・
 「枝がバッキバキ」↓

太い枝、細い枝、そこらじゅうで折れまくっていた・・・。

入場口からはイマイチ分からなかったが、奥まできて見渡したら、ひどい有様。

この後山の上の方までこんなんばかりでした。
 「ニャンコパトロール」↓

ネコちゃんの見回りの足跡が。

悪さはしないでね。
 「駐車場を雪かき」↓

なかなかの量。駐車場にどんどん雪の山が出来てゆく・・

途中で馬飼野社長とタッチ交代して、私は場内に。
 「馬は雪が大好き」↓

放牧場が雪原に。  行きたがるので、出してあげた。

ひとしきり走り回ったティーボーンが、前足と鼻でフンフンと地面の様子を見てから・・・

 「砂浴び」↓

ヨッコラセとしゃがみ、足をヨッ と振って、砂浴びと呼ばれる馬の好きな行動。

今日は雪浴びですが♪

馬自身はゴロリと1回転したいのですが、まかいの牧場の馬達はあまり上手でない・・・。

砂浴びはアイスマンが1番上手だったなあ・・・。その後のブラッシングが大変だったなあ。全身ドロドロで。
 「大興奮!」↓

1番騒いだのは・・・・パールちゃん!

雪が屋根から落ちる「ドサッ」という音に1番ビックリする馬ですが、雪原大興奮はナンバーワン♪

「ウヒィィ~~~~~ンッ!!!」  といななきながら 大騒ぎ。

見ているこちらも、オカムラお兄さんと笑顔になっちゃいました。
 「片付け」↓

白くペンキで塗った看板をやっと全部しまえた。200本以上あるのでなかなか大仕事。

天気の悪い日の仕事にする予定だったので、1月降水ゼロでする時間がなかった・・(イイワケ)

 「山の上」↓

サクラの枝もバッキリ折れたのがいくつも。

切ったらこんな風に。

梅は切らないと大木(たいぼく)になっちゃいますが、サクラは切ると樹形が崩れたり、

切り口から病気になったりしやすいので「サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ」などといわれます。

雪でそんなことも言っていられませんが。
 「ニッポン1の丘から」↓

春にはここでナノハナ摘みをしながら、思い出の写真が撮れるでしょう♪

 「夕方の富士山」↓

富士山と、横の雲まで紅色になって綺麗でした。

(この瞬間は、電線が入るようなところしかなかった・・・)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る