ご自分の畑をお持ちの方は、今、ヤングコーンが採れます。

2013.07.04
 「お父さんに教えてもらいながら」↓

ユナちゃんはお父さんに教えてもらいながらヤングコーンを収穫。

ヤングコーンはとうもろこしの赤ちゃん。1株に実が複数つくので、欠いて減らして栄養が集中するようにする。

畑には採り方と袋が用意されておりますので、来週末までの間ならばいつでもOKです~。

※昨日もM家族さんから「こんなにおいしいとは思いませんでした!」とコメントが届きました♪

 「場内」↓

花が咲き、蝶が舞う。

花鳥風月。        心が休まる、自然を感じる時間を感じて頂ければ・・・

 「駐車場で」↓

フワフワの毛がみっしり生えた葉をもつ、この植物。

種でどんどん増えるこの植物は「ビロードモウズイカ(ビロード毛蕊花)」。

塔の様に生え、黄色い花をつけながら伸びてゆきます。    私の好きな野草の一つです。
 「富士山ババロア準備」↓

地元産の抹茶をふんだんに使って作る、大人の味 「富士山ババロア」。(今、毎日開催中)

始めは抹茶を均一に混ぜるのに苦労しておりましたが、ミキサーで事前に混ぜる方法を教えてもらったら解決!

牧場には色々な専門家がおります。 そんなプロに聞くのが一番でした。
 「おかあちゃん・・・」↓

まだおっぱいもらってるよ・・。  もうどちらが親だかわからないぐらいなのに。

もう親離れ子離れの時期です。 

 「育ってきたのは・・」↓

こちらは種から育てているオモチャカボチャ。どんど焼きで使った竹を使って、ネットを張りました。

9月には小さくてカワイイ、工作用のカボチャがたくさんできる予定。
 「消毒の入れ物」↓

牧場の手洗いがスッキリしました。 掃除をしたのと、洗剤・消毒容器入れもスタッフが心をこめて手作り。

 「ものづくり工房前」↓

シャボン玉でたくさんの子供さんが遊んでおりました♪

 「満杯」↓

日曜日、充電施設が満杯に・・。

プラグインハイブリッドも普通になりつつありますね。 100%電気の自動車はどこまで普及するか?
※牛乳の買い上げの価格が上がるのがやっと決まった様子。
 関東乳販連を中心に、1リットル110円で酪農家さんから買いあげていた価格が、5円上がると。

 もともと「水より安く売られている牛乳」に違和感がありました。
 消費が冷え込むのも心配ですが、今の価格のままではえさ代だけ上がる一方で経営が困難・・。
 円安が最大の要因ですが、日本の酪農はすでにギリギリのところに来ています。
 子供数が減り、給食の消費も増える見込みがほとんどない。
 経費ばかり増大し、販売価格がそのままでは継続できないと、ギリギリの判断がなされたわけです。

 スペシャル飲料、牛乳を飲んで、健康になりながら酪農家さんを応援したいです!
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る