ひ・・・ひどい・・・( ;TДT)=3 ハァ

2014.04.16
 「早朝」↓

火曜日は陶芸の焼きで3時ごろからお仕事。  ・・明るくなるころ、外が騒がしく・・・

外はカラスだらけだ!   (あえて、桜とカラスで撮ってみた)
 「ひ・・ひどいぃぃ」↓

ウール工房周辺の花が、みんな引きちぎられている。  それも大きい花はほぼ全部。(ガーベラとか)

   ( ;TДT)=3 ハァ                 
・・・・・・・・1羽とっ捕まえて、その辺にぶら下げておくと一切寄ってこないが。(;°∀´)ハアハア
     ・・・なんて考えてしまう。 ダレカトメテ・・・ 

生きるために喰うわけでなく、ただのイタズラなのがハラ立つ!   ジビエ扱いしてくれるわ!

 「慰霊碑にて」↓

こちらは動物の慰霊碑。牧場の一番奥にひっそりと建っています。

その前にある、お線香入れの茶色い箱(写真左)の中でで見つけたものは・・・

 「雀の巣」↓

お、こんなところに巣を作りかけているぞ。と・・・・

次の瞬間、中の巣材を全部引きずり出して外にポイポイ。  (良く見たら、ポニーのモモちゃんの毛だ)

だって、ここのフタ(扉)は普段しまっているもの。ヒナが生まれた時に、もし閉めてしまったら、

ヒナが飢え死にしちゃう。  卵がまだないのを良い事に、全部出して掃除。
※スズメって、「空飛ぶネズミ」と呼ばれるほど、家屋にとって良くない、不衛生な生き物だそうです。
 そんな雀ですが、現在の生息数は昔の10分の1にまで減ってしまっているというデータもあります。
 減少の要因の1つは家屋の高気密化。今の家には巣を作るすきまなんて全くないことも原因と考えられています。
 
 「やさしい心」↓

毎日、カフェナチュラヴィータのお姉さんが、自分でまいた種にお水をあげます。

そろそろみんな芽を出し始めている、可愛いヒマワリ。

一緒に並んでいるキムラお兄さんのキュウリも芽を出してきて・・・ありがとうございます♪

 「遊んでるわけじゃないのです」↓

「ヤ」ナ「ギ」サワお兄さんと一緒に施設点検。

カベ登りでは、ゆるんだホールドがないか、一つ一つ確かめます。

木部・鉄部の痛みや摩耗、汚損や危険個所がないかを、チェック項目にしたがってズンズン調べます。

もうすぐゴールデンウィークですから。念入りに。
 「初」↓

牧場のヤマモトケイシお兄さんがバードコール教室。 (鳥の鳴き声をだす道具を作る体験教室)

本人は「まだ不慣れ」と言いながら、ハキハキと、盛り上げながら進めておりました。いいね!

 「看板作成!」↓

GWの看板をコガお姉さんが描く!  ものづくりのスタッフもお手伝い。

「みんなで」作るのがポイントですね。  なんでもそうだ♪
 「新しい!」↓

なんだか楽しそうなプランター的なものが登場!  入場口が華やかになってゆく!

 「新しい!!」↓

お花一杯の素敵な牧場になってゆく!   お花の力を感じて頂きたいですね♪

※浜松の「花博」行きたいな・・・
 「夕方」↓

長きにわたった陶芸本焼きが終わる瞬間。

窯の下側の温度が1230度まで上げられたら終了。 点火から消火まで15時間かかった。
 「窯の中は」↓

窯の中は全てのものが真っ赤。

1250度が重要。この温度を越えてしまうと釉薬が溶けすぎ、垂れたりして失敗作になる。
お客様からお預かりした大切な作品。1つだって失敗するわけにはいきません。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る