オバケカボチャそろそろ収穫時だ。

2010.09.14
 「オバケカボチャそろそろだ」↓

山の上の畑ではオバケカボチャの成長が終わった。

私と一緒に種まきして、自分の畑を持っている皆さんの畑もそろそろ収穫時期。

今日の夜メール一斉送信でお知らせしよう。
 「今日のラッカセイホリ」↓

おじいちゃんと一緒♪

ラッカセイ掘りは今週末の3連休中になくなる可能性が出てきました。

なくなったら終了!

 「平日にもかかわらず」↓

なかなかの人気。掘りたての旨さは格別ですから!

毎日13:30開催中~。

 「洗おう!」↓

掘るのも洗うのも、ゆでるのも、普段の日常では味わえない 楽しい「非日常」。

思い出作りの食育で、ココロもおなかもいっぱいに!

 「茹で上がって!」↓

ゆでて、さめるまでに1時間15分ぐらい。時間がかかります。

ゆでラッカセイはご当地料理。   掘りたてゆでラッカセイ(シナス含む)はお店では手に入りません。

だからアノ甘さもほかでは手に入りません。
 「干しました」↓

洗って干す。  頑張ります。

 「耕運機整備」↓

空気が足らなかった。(社長が教えてくれて気が付いた・・・(汗))

グリースさしたり、空気を入れたり。

日々の整備が長持ちの秘訣。

 「夕方」↓

馬飼野牧場の創始者、馬飼野会長と1時間ちょっとお話をしました。

戦後満州から日本に引き上げて、その日の食べるものもない生活。

この地区にはわずか6家族が入植し、残る事ができたのは馬飼野会長の家族のみ。

文字通り、命がけでまかいの牧場を作り上げてきたのです。

今だけ見ていては全くわからない、大切な「歴史」。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る