ジャガ芋ほりも梅の実狩りも終わりが見えてきました。

2011.06.29
 「トウモロコシ畑」↓

種まきから挑戦の皆様のトウモロコシ畑は雑草が結構茂ってきました。最後の土寄せをすべく、

まず雑草を刈りました。
 「刈った」↓

私はトウモロコシの花粉でカユくなる人なので、カッパを着て炎天下で1時間草刈り作業。

Tシャツは搾らなくてもポタつく状態になりました。水はがぶがぶ飲んで・・・

こういうときに体力があると助かるわー  っと過信気味。 帽子はバッチリ。

※ヨメと子と私がいるとき毎日4合米をたいていましたが、今里帰り出産の為に私だけの生活。
 でも毎日4合炊いている。
 自分の食べっぷりにビックリ。
 ガンガン食べて、ドンドンエネルギーを使う。健康な毎日だ。         

 「ジャガ芋ほり」↓

楽しいジャガ芋ほりも、もう6割以上終了。

ジャガイモはあまりたくさん作っていません。(1300株程度)

それは梅雨時期に収穫になるので、週末に雨が降るとダブついたりするので・・・。

雨が降りまくる梅雨が来ると、腐り始める場合もあるし。

※本日ご参加頂いた方には大変申し訳なかったです・・・・。
 お渡しした「このブログの見方」の小さい紙がシンナリ・シットリ・クタクタにぬれたようになっていて・・
 私の汗で・・・。 (カッパ草刈りのせいで)

 「ミミズドウロ」↓

ミミズが道路にイッパイ。雨が降る時期にわりと多い。コレには理由があります。

ミミズは土の中にいても、空気で呼吸しています。雨が降って空気が遮断されてしまうと、苦しくて地表に

出てきます。写真の様に土たら出てきたところがコンクリートやアスファルトだと、土に戻るまえに干からびて

しまうのです。雨のあと、どぶの中の溜まった水にたくさんのミミズがうごめいていたりするのも同じ理由。

なんだかかわいそう・・・。     (アリさんが美味しく食べるんですけどね)
 「梅の実刈り」↓

いつも収穫を楽しみにしてくださっているお姉さんとが梅の実刈りに来て下さいました。

梅はそろそろ木から落ちやすくなりかけており、今が梅干に最適な時期。

梅干は、木を揺らすとババッと落ちるぐらいが良い。酸味が抜けていて。

早く収穫したもので梅干を作るには、1晩水につけてアクを抜いたり、緑色が少し抜けるまでおくなど

したほうがよい。ジュースなら早いミドリの実でも黄色っぽくなった、実でもOK。(私も色々試しました)

※でも梅干は難しい・・・
 今までに3回作りましたが、2回失敗した。(カビた)
 シソも手で揉んでアクを抜きながら本格的にやったが、結局塩をたっぷり入れた物にしたら上手く出来た。
 減塩しながらだと難しい。
 漬けて干して、漬けて干しての繰り返し・・・。
 梅干なんてどこでも売っているけれど、きちんと作るとなかなか難しいかったです。
 私はこの経験で、梅干が上手に出来る人を尊敬するようになりました。「経験」ってやっぱ大切。
 「救急救命講習」↓

地元の消防署に依頼して、1時間ほど救急救命講習をしていただきました。

今回は「骨折と止血」について。皆真剣です。

質問コーナーでは熱中症の対応について知りたいと希望が出たりして、みんな真剣そのもの。

こういったことも大切ですね。  (特に今年は・・・)
 「プッ」↓

ちょっと笑った。

「ガソリン」のはずが・・・ 「カソリン」って オイっ!(笑)

カリリンと読めなくも無い。      (読むな)
むかーし牧場で動物を担当していた際、先輩が「ぺんきぬりたて」というのを

「ペキンキぬりたて」と間違えて書いて貼り付けてあって、大爆笑したことがあったな・・・。

他にも、草花の名前のフダで「しりがねにそじそ」とカタカナで書いてあって、「・・・・?」っと思ったが

よく見たら「シ→ツ」「ソ→ン」の間違いで、「ツリガネニンジン」だったときも山の中で一人大爆笑。

※昨日はガッカリでした。
 電力会社の株主総会です。 
 原発から撤退する方向に進むかどうかの分かれ道でしたから。
 最近はイヤなニュースが多すぎて、あえて書かないようにしていましたが・・・。
 
 株主総会では前の方は全部、電力会社社員等で固め、原子力について賛成意見で大拍手。
 「了承されました」ですませておしまい。
 
 捨てる場所の
無い原子力のゴミは未来の子供達に押し付けたまま。 
 人はレミングの群れのよう。
 
 今すぐ止めなくても、これからの道筋でも見えるかと期待していたのですが・・・。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る