ソラマメも芽が出てきました~。

2010.10.28
 「朝」↓

駐車場に見たこと無いイモムシが、結構な速さでモコモコ進んでいた・・・。

苦手な方、スミマセン。

調べたら、ヤママユガと間違えそうでしたが、「オオミズアオ(白くて少し水色がかった大きな蛾)」の

終齢幼虫でした。
 「ソラマメがググッと」↓

まいて10日過ぎ。ゆっくりと地面にヒビが入りながら、芽を出し始めました。

ソラマメは芽が出たら、小さいままで冬を越させるのがポイント。

育ちすぎていると、寒害を受けやすくなるので、タネをまく時期も大切。

今年の冬は寒くなるというのが長期予報。ということは、種まきは少し早い方がいいのかな。
 「前の車・・・」↓

ん?  なにか荷台に乗っている・・・

同乗者撮影。

 「信号で」↓

うわ。  イノシシだ。

捕まえたようで・・。  この後どうなるんだか・・・。

学生時代、飼育してましたが何でも食べる動物でした。
 「夜」↓

雨が降るのが分かっていたので、干しているソバにシートをかけました。

週末の天気が微妙でしたが、雨が避けられない様子・・・。

雨では脱穀不可能。   その場合は、仕方が無いので、週明けの平日にこちらで作業せざるを得ません。

体験用に少し残しておいて、またの週末に作業体験だけできるようにするぐらいか。(その分は製粉に間に合わないですが)

 「2期目の大根」↓

雑草を埋め頃になってきた。追肥しながら土寄せしてウネを作ると急に成長もよくなる。

作業するならいまだ!   といって、週明けになるか・・・。
 「ドングリの」↓

ものづくり工房にて開催中。   字だけじゃ何もわからないな・・・。

※中国との問題が加速しているような、フェードアウトしているような・・・微妙。
 中国人と日本人の価値観の違いが分かりやすく表現されていました。
 中国文化の専門家である岡田英弘さんによると
 日本では子供に「ウソをつくことは悪いこと」と教えますが、
 中国では子供に「人にだまされるのは悪いこと」と教えるそうです。
  
 どちらが正しい以前に、子供の頃から教えられる教育の方向性が違うと、理解のズレも出て当然。
 
 中国の発展に最も経済的にも技術的にも寄与してきた日本。お人よしで無策な状態が続いています。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る