ダイコンのおいしい食べ方を教えてもらいました

2008.11.13
 「レンちゃん元気です」↓

昨年の夏まで3年連続で牧場のトウモロコシを護ってくれたレンちゃんです。

白内障で目が白くなっていたのですが、ここ3ヶ月ほど「お高いエサ」に代えたら・・・

目がきれいになってきた。

お安いドッグフードはやはりそれなりなのかなァと思いましたね。

今、ペットの死因はほとんどが「ガン」で、エサに含まれるの化学物質のせいであると

食の本に書いてありました。やはりその通りなのか?

 「富士山に虹が出た左側」↓

 「右側」

雲の配置から、これは虹が出るなと いまかいまかと待っていたら   出た出た♪

でもそこから見えたのは5分で終了。

見る人の「後ろに太陽」「前に雨雲」のシチュエーションが、虹の出やすい形ですね。
 「ダイコンを5分チョットで美味しく漬ける」↓

用意するもの 酢としょうゆを150ミリリットルづつ、砂糖100ccとダイコンだけ。

ワタクシのカーサマのトコで美味しかったので作り方を聞いたら、簡単すぎて  笑えるほどだった。

まず、皮の美しくない部分だけ簡単に取る。(白くキレイなところは皮付きでOK)

5ミリぐらいのイチョウ切りに切る。

 「酢をビンに」

150ミリリットル  (あ、結構適当ですから量はお好みで変えても平気です)

 「しょうゆも同量入れる」

 「砂糖100cc」↓

カーサマも「いつも適当だから、初めて量ったわ」と。そのていどなのに・・・・旨いぞ!

 「とかします」↓

まぜるだけ。

 「ダイコンを入れたら完成」↓

1日も経たずに食べられます。すっぱさはぜんぜん無く、うまみが引き出されたような感じ(自分の印象)。

漬けておいても3~4日でだしちゃった方がいいらしいです。同じ液でもう1回漬けられますが

2回目はしょうゆを少し足したほうがいいだろうということでした。

方法が分かっていれば5分で出来る簡単漬物!

市販の「浅漬けの元」等はうまみ成分やいろいろ添加されていますから、この方法なら

安全・安心・簡単・安価!お試しあれ~。

 「富士山が紅色」↓

夕方1瞬でした。13日は夕方夕焼けが美しくなるだろうと天気予報で言っていましたから楽しみです。

 「今日のタマネギ畑」↓

こちらは約2000本。モンゴル村の上には1000本植えました。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る