トウモロコシのお世話に、豆・ジャガイモの収穫体験♪

2012.06.24
 「ジャガイモ掘ったよ!」↓

イズミ君、ミナミさんはまきば農園の常連さん♪植える時のクワの扱いも見事でしたが、

掘る時も早い早い♪  今年の出来はばっちりだ!でっかいイモがゴロゴロ出てきまっす♪

 「トウモロコシのお世話だ!」↓

今日のお世話は雑草取りと、土寄せ。先日の台風では全部倒れましたが、根元に土掛けして全て直しました。

根が切れていない事を祈る・・・

害虫や、受粉の仕組み、、農薬を使わない事などをお話ししてから作業に取り掛かりました。

 「ヤングコーンだよ!」↓

不思議な甘さのヤングコーンは、ほとんどの畑が来週ちょうど採れるかな。

1週間早いけど、最も育っている株から、ちいさなヤングコーンを採ってみました。

普通、ヤングコーンは、間引きした赤ちゃんトウモロコシです。

 「害虫がここに!」↓

にっくきアワノメイガ(の幼虫)が穂に入り込んで、ストロー状に食い荒らしてゆく。

殺虫剤的なものの出番ならば、「テデトール」使用だ!   食害する虫を殺すのだ!  

                             (・・・手で・・・・)
 「ソラマメの収穫&すぐ食べ」↓

曇りでしたが、多くの方々のご参加を頂きました♪ ありがとうございます。

ソラマメとエンドウマメの収穫すぐ食べは、この日曜日(24日)で終了!!  (予定)
 「ゆでるよ♪」↓

採りたてのスナップエンドウや、ソラマメをゆでて食べる。

採りたては甘い!  っというのが体験で感じられます♪

 「いっぱいだぜぇ」↓

袋にのせまくったぜぇ。  ワイルドだろぅ?
 
このあとハラいっぱい たべてやったぜぇ。

                    (ソウサクネタスミマセン)    ・・・トウサクカ?

 「ブンブン」↓

熱っついゆでたての豆は、人のいないほうへ行って・・・・ブンブンまわすと5秒で冷める。

実践中の図。
 「愛(め)でる」↓

お父さんが、何やら手のひらに乗せて、じっくり観察している・・・・ お~、カタツムリの赤ちゃんか♪ 
カタツムリもホタルと同様、農薬に弱い。   この畑には、じつにいろいろな生き物がいる。

 「タタタッタタタ」↓

元気だね!子供の鑑(かがみ)だヨ。  坂だってへっちゃら♪

ジャガイモ掘りの際には、畑の位置についてこの様に説明する。

「畑はもんのすごーく、遠いです。登り坂ばっかり! 時間も、7分もかかる」 と。

想像以上に厳しい事を言っています。 お話しのメリハリは、落として上げる、上げて落とす。コレ大切。

 「ジャガイモ掘り イエ~イ」↓

ユイナパパさん、ブログ1900回祝福のお言葉、ありがとうございます♪

ジャガイモ掘りは子供さんにも大人気!  掘りだす系の収穫は黙っていても大人気。
 「でっかいよ♪」↓

いい笑顔ですね~  思わずシャッターおしちゃった♪

 「袋一杯」↓

受付時に「・・・なにこれ。500円でこんなにちっさい袋?」っとおっしゃる方は初めて参加の方ですね。

想像しているよりも入りますヨ♪
 「袋一杯×4」↓

す・・・すげぇ・・・  目いっぱいジャガイモ掘りを堪能して下さいました♪ ユイナさん♪♪

 「自分の畑も」↓

ユウト君達は、自分の畑のジャガイモを掘る! ことしのデキは、でっかくていいぞ~ぅ♪

ジャガイモは持ち帰ったら、日影の風が通るところで、表面の土がパラッと落ちるまで乾かすのが大切。

 「キュウリの種まき」↓

夕方、畑周りの草刈りしたり、残り半分(52株)のキュウリの種をまきました。

お盆辺りから、9月末まで採れる予定・・・。
 「さてと」↓

日曜の朝は陶芸の本焼きの火をつける作業でAM4:30出勤。 写真↑はカマの中身。

もう寝ます。
※今日のこのブログを打っていたら、外でフクロウの声がする・・深夜1時♪
 手で笛を作って鳴らし、呼応してみる。(夜中にヤルナ)
 フクロウが鳴いているのは、フクロウが食べて生きてゆけるだけの、小動物などがいるという証。
 ちーとでも、ここには自然があるのだな。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る