ニンニクを育てようを大募集!(定員になり次第締め切り)

2008.09.17
 「小さい秋みーつけた」↓

ススキを抱えた馬の木人形は食の体験工房前。

このあいだ採ってきてあげたススキだ♪

レストランでは入り口に飾ってくれていたなあ。

 「こはくが走りまわっていた♪」↓

ちょっと遠い上に、こはくの顔が見えない写真・・・

今年の春生まれた子馬のとそのお母さんは、相変わらずポニーの柵内でハバを効かせていた♪

お母さんは強い。(ま、大きいしね)

 「最後に人数限定5組のラッカセイ掘り」↓

まだ少しあったラッカセイ。全て種にするのか迷ったのですが、

朝早くから「ぜひラッカセイ掘りやりたい!」というお客様の声もあり、限定5組で開催。

 「今年最後のラストゆでーっ!」↓

初のカマ前でのショット。なかなかいい感じです。

 「40分茹でた後はこうして15分」↓

冷めるときに塩味がしみこむもの。ゆでたては食べても塩味があまりしないのに、同じ状態のままで

15分後に食べると、ちょうど良い塩加減になっているのです。

それは他の料理でも同じ。冷めるときにしみこむんですね。

今年の大ガマはマキの強い火で茹でているので、十分温度が下がりません。

そこでこの様に、違う大きな容器に移して、熱いゆで汁をいれて冷まします。

このあと茹で汁に漬かるよう、落し蓋をしています。

でもこれは今年最後の作業だな~。

サツマイモは10月1日から!

 「ありがとう」↓

夏のトウモロコシに続き、ラッカセイでもお世話になった羽釜(はがま)さん。

茹でラッカセイは塩を使って茹でるので鉄のナベはきちんと洗わねばなりません。
 「慰霊碑前の大根」↓

こちらは私がまいたほうの大根。

皆さんがまいたほうは明日アップしますね。

大根葉らしくなってきましたね~。「オロ抜き(間引きの事)」するにはもうチョットかな。

大根葉が食べられます~。(大根白菜農園で特にオロ抜きの日は設定されておりません)

こちらで作業しちゃう予定ですが、自分でとって食べたい方はそのままにしておきますのでご連絡を~。

  ※連絡といえば。
   「植え付けからニンニクを育てよう」を募集します!
   東京のFさんからのアイデア+希望があり、植え付け用のニンニクを昨日(16日)用意できました。
   もちろん国産ニンニクです♪
   (ま、株が中国産でもここで育てれば国産になるのですが)
   内容は5000円で20株。植え付け作業日は21日と23日の10時から。
   集合は「ふれあい学習館」お世話は「追肥」と「寒さよけ」、来年「草とり」といったところ。
   作業にこられない方のところは私がしますので大丈夫です。
   収穫は来年の6月。第2日曜日です(育成期間ながいっ!)
   ちなみに参加の方には、第2農場で作った「完全発酵堆肥」が1袋プレゼントされます。
   申し込み・質問は090-3424-6874新海まで。先着順。
   今年はお試しで作るため、参加数を制限させていただいております(10組のみ)。
   来年はドカンと行う予定です。

   

コメントを残す

ブログ一覧に戻る