バラの病気

2014.05.28
 「落花生の芽がどんどん出てきました!」↓

たたまれた葉が、種からぐんぐん伸びてきました!

畑が始まったなーと感じますね。 落花生は種がでっかいだけあって、芽もがっしりしている。

※収穫用の落花生はまだ種まきどころか・・マルチも張っていない・・

 「バラの病気」↓

ナチュラヴィータ前のバラ。葉と茎の一部に、黄色いこってりしたものが出ていた。葉にもまばらに点々。

その場ですぐ、「バラ・病気」などで調べても同様の病例が見当たらない。

そこで、ちょうど町に下るときだったので、茎の写真と葉をもって専門家に聞きに行く。

 「うーん」↓

作物の病気でお世話になっているのは、ムラマツアグリサービスさん。

「・・・・わからないねー。これは珍しい病気だねー」と。でも、状況からみて、「さび病」の一種ではないかと。

殺菌剤を1つ選び出してもらい、牧場に戻って消毒。   なおるといいなぁ。

バラはもっとも病気になりやすい植物の一つ。

 「ゴロゴロリ」↓

乳しぼり会場でゴロゴロする子が二人。なんだこのカップルは。

 
 「ゴシゴシ」↓

床にこぼれた汚れをshioriさんがゴシゴシ。

こういうものは、すぐに洗えばすぐに終わる。見えない部分だからと言ってそのままにすれば、あとで

もっと大変に。  

数分後、きれいになっておりました♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る