ラッカセイ三昧!

2009.09.07
 「いよいよラッカセイ収穫の日がやってきた!」↓

今日は種まきから挑戦された皆さんの収穫日!「まきば農園」参加の皆さんは、6月に種をまいて

今日を迎えました!限定30組で、すでに定員一杯なので多くの家族さんが来て下さいました!

 「晴天の下、笑顔で収穫」↓

みのりさん、ひかりさん達のステキな笑顔。「遊びでなく、農園のお手伝いをスケジュールにしませんか?

草取りでもいいと思うんです」とご提案いただきました♪実は事前に連絡いただきながら「農作業本気お手伝い」が

存在していたりします。プランにしているわけではなく、希望日の連絡があったら、その時出来る事を一緒にする感じで。

「なぜその仕事が必要なのか?」を理解したうえで作業に臨むようにしています。

 「レナちゃん」↓

実にさまざまな作物に挑戦中のレナちゃん。

農園の方は①種から育てられる②今年はジャンボラッカセイもあり③種づくりまで育てる事ができる

④プライベート収穫日などいろいろありますが、ポイントは「食育」。ただ食べるだけでは分からない部分を

少しでも感じていただきたいと思っております。  大人も子供も関係なく成長の時間となれば幸いです。

 「洗い場もいい雰囲気で」↓

農園の皆さん同士ですから、周りに配慮しながら、譲り合いの場面も多く見られました。

ありがとうございます。

 「1回で使う塩」↓

1リットルに30グラムの塩をいれます。今日は最も沢山の量をゆでるので、120リットルつまり3.6キロ塩!

 「ヤマモリ」↓

昨日がエライコトになったので、今日は多めに塩水準備。コレなら大丈夫だ。

浮いてきますので、グレーチングを使って作った落し蓋をします。

 「イキナリ!ニンジン間引きを」↓

農園の皆さんと一緒に「ニンジンの間引き」に♪間引き菜は炒め物やスープ、とっても美味しいです。

スティックでとりたてを食べると甘い!ってコトで食べましたが、ほろ苦いのも・・・甘いのもある・・

なるほど、どうやら品種によっても味に違いがあるらしい。 

 「ソーラークッカー」↓

ソーラ、クッカーだよー。            (?)

太陽の力でポップコーンを作ろう!15分ほどで出来始めましたが、葉影になって温度が下がった・・
 「グニグニンジン」↓

グニグニにまきついた感じに成長してた間引きニンジン。こんなになることもあるのね・・・(汗)。

もし成長していたらどんな風になるんだろう?

 「ゆであがった!」↓

30~40分ゆでたら・・・・・出来上がりではありません。

温度を下げる必要がありますので、大きな器に移します。そのあとゆで汁を移し入れます。

 「とうとう完成」↓

なべに入れてから70分。やっと完成だ!

さめるときに塩味が入りますので、最後の時間は大切です。マキの大ナベなので、火を消したぐらいでは

温度が全然下がりません。それで移しかえるというわけです。

 「ウマーーーーイッ!」↓

ゆうとくん達の午後のお手伝い助かりました~  いつもありがとうねっ♪

 「みんなで美味しい」↓

種まきから育てコトで、美味しさもひとしお。「ラッカセイは種だ」ってことに実感が持てますね。

 「コンニャクの今日」↓

コンニャク作りはまもなく定員一杯。予備でいくつか植えてあるので、12月上旬の週末にコンニャク作りを

行います。

 「今日のラッカセイ掘り」↓

昨日は120人程で驚きました・・・が、今日は150名・・約80キロの収穫。300キロの収穫を見込んでいるので

・・・・・・むむむ!5連休まであるかどうか微妙! 平日でもすごい人気ですから。

今年はサツマ畑分をラッカセイにしたりしたのでもうこれ以上広げにくいな・・・
 「あらら」↓

昨日の収穫の跡・・・。1粒のものをすべて残して採っている・・・なんともったいない・・・

私の説明が足らないのでしょう。  反省。

 「縛り方の説明中」↓

ナナミちゃんのお父さん撮影ありがとうございます~。

しかしラッカセイでサツマイモ並みに、こんなに混雑したのは初めてですし、ナベも穴が開いたハプニングの

おかげで超大ナベに変えていて良かった!中ナベではとうてい とうていはいりきらなかった!

参加された方の7割が「すぐゆで」されたのも、ほりたての美味さに1口で惚れてしまったから。

「去年食べて感動しました!だから狙ってました!」の声を2日間で10件以上聞けました。

ありがたいことです。やりがいがアリマスヨッ!

 「シュン君お手伝いの巻」↓

ナナミちゃんやほかのお友達も一緒に。

燃える木に水をかけてしまうのは、スミを作るため。こうしておけば、次回すぐに火がつくんです。

ガスでカチッと火をつけるのとはワケが違います。

 「夕方の風景」↓

ゆでラッカセイの販売は30袋。準備するソバからすべて売れて行き、最後の1袋がなくなった後に

さっき買われた方が走ってきて「あ、もう無い!もっと買っておけばよかった・・・・」と。

掘りたてすぐゆでの落花生の味はどうしても限定になってしまいます。
※昨日愛知の友人からメールが。「ラッカセイ美味そう!21日おじいちゃん達と行くけど、できるかな?」と・・。「来週末雨ならまだあるかも」とお返事してしまいました。激しいラッカセイ人気に私もビビリ気味。
場内放送もラッカセイ案内看板も最低限でしか行えない私がおります。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る