隣の部屋からチラリとのぞく。

2014.08.23
「モコさん」↓

ただいま乳しぼりで活躍中のジャージー牛の「モコ」さん。

いつもトウモロコシの皮をあげるので、私が隣の部屋に入ったら、「今日は?はやくちょうだい💛」と

めっちゃのぞいてきた。            皮は1日1回じゃよ。

※とりたてトウモロコシは、トランポリンのヤマグチおじさんのところで味わえます。(本数限定)
 毎朝とりたてをゆでてます。
 「手をかける」↓

開拓広場で、ミツイお兄さんが花に水やり。

乾いているときは毎日水をあげて、お手入れしてくれております。
 「カブトムシにエサをあげる」↓

エサとして、バナナをあげている。

カブトムシは、手でつかまれて大暴れしていても、口元にエサが来るとサッとおとなしくなって

エサをチューチュー吸い始める。そのゲンキンなところはなかなかいい。

 「強剪定」↓

2年前に強い剪定をしたナラの木。  1本は枯れてしまった・・・

萌芽更新(バッツリ切って、出てきた芽を育てて木を更新する方法)をうまくしてあげたいものだが。

 「こんな」↓

幹にきのこ類がびっしり。きのこ類が樹を殺すわけではないが、死んだ部分には即広がる。

最終的に木が折れてしまったりする。

菌類は森の分解者。命の終わったものを、次の命につないでゆく、重要な役割を果たします。

 「すごいな・・・」↓

トイレで破損が出た。   なんつー壊れ方だ。  どうやってこんなに壊したのか想像がつかない・・。

 「扉に」↓

先日から3日ほどずっと同じ場所で動かなかったこのガは、「チャドクガ」。

ケムシ時代の毒針を、羽化する際に体につけて飛んでゆくという、厄介なガ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る